丸々太った天然ぶり!塩焼き、煮付け、刺身何でも来い!

写真 2015-02-12 11 39 07

鹿児島県にも「天然ブリ」が入荷し始めました。秋口のブリとは違い10キロオーバーのブリが多く見られます。

寒い時期の天然ぶりは本当に脂が乗っていて美味しいのですが、この時期ならではなので非常に価格も高騰します。

競り場で一番いいブリを買おうとしたりなんてしたらもう大変!^^;ライバルがいると価格は上昇しまくります。

スポンサーリンク

天然ブリ

写真 2015-02-10 9 45 30

旬の時期の天然ぶりは脂が乗っていますが、この脂が養殖に比べてしつこくないのが特徴です。

確かに脂は乗っているのですが、養殖の脂とは違い「あっさり」としています。

この脂が乗った天然ぶりは何をしても旨い!という感想です。上の写真は実際に僕がついこの間、刺身で食べた天然ブリなのですが…本気で美味しかったです 笑

養殖に比べ「身」が締まっている印象で、食感は少し硬めな感じでしたが「味」があり噛めば噛むほど味が出てきました。

皆さんは天然ぶりにどういういメージを持っているのでしょうか?近隣のスーパー等で販売されている「天然ぶり」を見かけたことがありますか?

注意深く見ている方は天然ぶりのイメージはあまり良くないかも知れません。

世間ではあまり「いい魚」というイメージの無い天然ブリですが、何故いい魚のイメージが無いのでしょう?

血合い

天然ブリがイメージダウンしている要素の1つに「血合い」の変色があります。

天然ぶりは養殖ぶりに比べ血合いが変色しやすいのです。スーパーや魚屋さんで見かける多くの天然ぶりは「血合い」が変色した状態で販売されている場合が多いです。

決して痛んでいるとか鮮度が悪いわけではないのですが、イメージとしてはあまりよくないのは間違いありません。

だからこそ、照り焼用や、何かしらの「タレ付け」がされて販売されている場合が多いです。

同じ切身を購入する場合でも、養殖と天然を比較すると養殖を選ぶ場合が多いと思います。

しかし、旬の時期のブリは養殖に負けず劣らずの脂がありますので、水温が冷たい時期の天然ブリはお勧めです♪

寄生虫

天然ブリと言えば知っている多いでしょうが、寄生虫の存在もあります。

水産関係の職種の人たちには常識なのですが、天然ブリには寄生虫がいるのが当たり前という感じです。

寄生虫がいるぶりと、いないぶりの見極めは非常に難しいのですが、「太っているか否か」でベテランの方ならある程度は見極められます。

僕でもそうですが、寄生虫がいる魚はやっぱり嫌ですもんね。

ブリの切身

刺身より何より、ぶりの切身は皆さん一度は食べたことがあるでしょう。

煮付け、塩焼き等に使われます。皆さんが良く聞く「ブリ大根」もぶりの切身を使う方が多くいます。

実はこのブリの切身で、親切なスーパーか否かが見極められる場合もあります。

まず、皆さんが知っているぶりの切身、もしくはいつも買っているぶりの切身を思い浮かべてください。

写真 2015-02-13 8 43 08

さて、イメージできたでしょうか?上の画像のような商品になりますが、このぶりの切身はお店によって様々な販売方法が見られます。

まず、魚が嫌いな人の多くが「骨」の存在を気にしますよね?

このブリの切身に「骨があるか無いかで」親切なお店とそうでないお店が分かります。

その前に皆さんのイメージはどうでしょう?ブリの切身に骨があるのなんて当たり前じゃん!でしょうか?

最近では多くのお店がブリの骨は取り除いています。しかし、骨を付けて販売しているお店もあります。まずは下の写真をご覧下さい。

写真 2015-02-13 8 36 50

3枚に卸されたブリの写真になりますが、ここから真ん中の骨を中心として半分に割られます。

丁度真ん中当たりに赤い線が見えると思いますが、あれ骨です。あの骨を取り除いて切身にする、骨を残して切身にするというのは販売店の選択です。

写真 2015-02-13 8 37 59

はい、こちらが「骨」を取り除いた状態のブリになります。真ん中においてあるのが「取り除いた骨」になります。

では何故、このブリの切身だけで親切か否かが分かるのかについて説明します。

骨を取り除く切身と骨無しの切身の違い

まず、あなたに小さな子供がいるとしましょう。もしくは年配の方にブリを食べさせるとしましょう。

骨があるブリと骨が無いブリのどちらを選ぶでしょうか?

答えは簡単です。骨の無いブリの切身を購入するでしょう。

販売する人間もそんな事は分かっているのは当然ですが、では何故骨を付けて切身にするのでしょう?

それは、骨がある部分の「歩留まり」に関係してきます。骨がある部分は「血合い」と呼ばれ栄養があるのはもちろん、普通に食べられる部位になります。

理由の1つに「もったいない」というのがあるのだと思います。

食べられる部分なのにもったいないのは間違いないのでしょうが、血合いの部分は「アラ」として販売も出来ますのでアラで販売するのも1つの手法になります。

もう1つの理由に「切身」自体が小さく見えるという理由で骨を残しているお店もあるようです。

「骨を取り除くことによって切身が小さく見える」

これは僕個人の感想としては、完全にお店の都合のように感じます。

もう1つが前述した「歩留まり」に関係してきますが、例えば量り売りなどをする場合は重さがかかればかかるほど「儲かります」。

少しでも利益を追求するのであれば、骨付きの切身の方がいいでしょう。

つまり、ブリの切身の骨を取り除いて販売しているお店は「利益」を削って販売していることになります。

やっぱり「骨」が無い方が食べやすい上に安心して食べられます♪あなたの行きつけのお店に「骨無し」のブリの切身があった場合は、少しだけ得した気分で買い物をしましょう^^

こちらの記事もあわせてどうぞ!
便利アイテムまとめ

丸々太った天然ぶり!塩焼き、煮付け、刺身何でも来い!
この記事をお届けした
0822の奇跡の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 金山 直志 より:

    う~む、どの状態でもいいから・・・・・。
    「食べたいッ!」
    ってなりますね、これ。

    この時期はほんとに脂乗って美味しいから、
    余計に食べたくなります(^^)

    眺めてるだけでいい気分転換になりますね。
    いい記事をありがとうございます!

    そして、僕のブログにコメントを頂き
    ありがとうございます。
    嬉しいですo(^▽^)o

    • のんべえ より:

      >金山 直志さん
      今の時期の天然ぶりは本当に美味しいですよ♪
      今が旬ですもんね^^

      時間あるときはまた遊びに行きます♪