僕が仕事が楽しくてしょうがなかった頃の話

a1180_008712

ただの雑記です。転職を続けて現在の仕事に就いていますが、今の仕事が楽しいか?と聞かれると楽しくはやっていません。

しかし、今の仕事の業界に入った頃は毎日の仕事が楽しくてしょうがなかったのを覚えています。仕事が楽しかったころと楽しくなくなった原因は何なのでしょう。

スポンサーリンク

仕事の新鮮味

入った業界はスーパーの水産部門が最初でしたが、アジ、サバの区別すら付かなかった僕にとっては何もかもが新鮮でした。「この魚はなんて魚だろう?」という疑問を毎日持っていて、新しい魚との毎日の出会いが楽しくてしょうがなかったです。

さらに、売り場に出されるまに中ではこんな作業がされているんだなー。と毎日が新しい発見でした。パックのやり方、魚のさばき方、刺身までの工程、切身の切り方、どれも本当に楽しかったです。

魚を調理する仕事を覚えたら、次は商品管理のやり方、数字管理、接客と毎日が勉強で仕事に行くのが楽しくてしょうがなかったのを覚えています。

勉強して、成長していくのが自分でもはっきりと分かりました。成長を実感できると仕事は楽しいのかもしれません。

企業の方向性

当時の企業の方向性と言うのがドラゴンクエストの命令で例えるなら

→ガンガン行こうぜ!

という企業の方針だったので、僕も好きなように好きな販売方法で「ガンガン」売り込んで「完売」させる喜び、数字を伸ばせる喜びを味わうことが出来ました。

当時、僕が勤めていた企業は正に飛ぶ鳥を落とす勢いで勢力を伸ばしていきました。その勢いは今にして思えば「社員が伸び伸び仕事をしていた」というのが一番大きな要因だったと思います。

全員が「売る喜び」を実感し、自分の目で見て商品を「仕入れ」、自分で販売方法を「選択」し、「完売」させたときの「喜び」を味わっていました。

毎年のように「新店舗」が出店され、立ち上げ要因として新店舗がオープンするたびに、立ち上げにも参加させていただきました。

肉体的には凄く大変でしたが、終わった後はいつも「充実感」というのを感じていました。

責任と数字と商品発注

もちろんそれなりに責任のある立場になっていきましたが、ある時から全然違った景色に見えるようになりました。企業が大きくなっていったことは喜ばしい事である反面、担当者による「個性」というのも失われて行きました。

企業が大きくなっていく事で、「指示通り」の販売というのがどんどん進んでいきました。さらに商品の「本部」からの送り込みにより「自分の仕入れ」をする楽しみも失われて行きました。

企業はもちろん「利益」を得ないと経営は成り立ちませんので、当然の事ながら「数字管理」も厳しくなっていきました。

自分の売りたいものが売れない、作りたい売り場が作れないという状況は進んで行き、仕事に対する「楽しさ」は少しづつ失われて行きました。

簡単に言うと僕は「管理者」としての器では無かったのかも知れません…(笑)

最後に

楽しい仕事をしてお金を貰えるというならそんなに幸せな事はありません。

企業からの「期待」というものを背負っている時は仕事というのは楽しいものです。しかし、企業からの「期待」を背負っていて、期待に応えられなかった時のメンタルの強さも鍛えておかなければいけないです 笑

仕事は楽しくやっていくのなら「出世しない」ということも大事なのかもしれませんね。

こちらの記事もあわせてどうぞ!
便利アイテムまとめ

僕が仕事が楽しくてしょうがなかった頃の話
この記事をお届けした
0822の奇跡の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. T.O より:

    のんべえさん

    仕事との縁というのは本当に難しいものですね。
    やりがい・賃金・人間関係などバランスの良い職場はなかなかないものですね。

    長く勤める上ではどこかで「割り切って・・・」という気持ちも必要なのかもしれませんね。

    • nonbee より:

      T.Oさん
      バランスの良い職場って無いのかもしれないですよね…。
      割り切る気持ちは確かに大切だと思います。