人間関係に疲れた時に考える4つの事とそんな時の7つの対処法

https-www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-PAK93_heyanosumidetaikuzuwari20140322-thumb-1000xauto-16857

悩みの多くが「人間関係」です。人間関係に疲れ、職場に行きたくない、仕事が進まない。

こんな悩みを持つ方は多いでしょう。まずは人間関係に疲れたときは以下の項目をチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

人間関係に疲れた時に見直す項目

人間関係に疲れたとき、これから書く項目をもう一度考え直してください。

距離感、付き合い方は?

交友関係は、広く浅く付き合う方法、狭く深く付き合う方法があります。

この距離感をもう一度、見直してみましょう。自分はどういう人間なのか?というのは「自分」にしか分かりません。

例えば、ランチをする時は大人数より少人数の方が良い、ランチは週一が好き、月に一度で良い。

これらは「あなたにしか分からない事」です。大事なのは自分に合った付き合い方、生き方をすることです。

距離感を間違って付き合ってしまうと、人間関係はストレスになります。同じ価値観の人間と付き合うことが大事になります。

付き合ってストレスを感じる人間とは少し距離を置くのも大事です。

嫌われる勇気はありますか?

嫌われる勇気は生きていく上で大切なものです。

人間は生きていく上で多くの人間と接します。関わった全ての人間と「良好な関係」を持つことは不可能。

「皆から良い人だと思われたい」と思うことで、人間関係に疲れてしまいます。

全ての人に嫌われないように言動や発言に気をつけていると、気を使いすぎて物凄く消耗します。

さらに、嫌われたくない一心で誘いがあった場合、嫌々ながらも賛同してしまいます。本当は行きたくないのに…。

断る勇気、嫌われる勇気を持ちましょう。人間関係に疲れる場合の多くは、これが原因です。

全ての人から100点をつけてもらう必要はありません。あなたは「良い人」でなくてもいいのです。

八歩美人になる事だけは避けましょう。

他人に厳しくしすぎていないか?

自分に厳しい人間は必ずいます。

しかし、自分に厳しいからといって他人にまで、その価値観を押し付けるのは間違っています。

人間はそれぞれ考え方が違います。自分で自分を追い込む分には構いませんが、だからといって他人まで追い込むのは間違いです。

自分を見つめなおしてみる

人間関係に疲れた場合、自分を見つめなおす事も大事です。チェックする項目は以下

  • あいさつがしっかり出来ているか?
  • いつも暗い顔をしていないか?
  • 自分の評価を上げようと出しゃばりすぎていないか?
  • ネガティブ思考になっていないか?

これらの項目は要チェック。人間関係がうまく行かない時、自分にも原因がある場合があることは理解して置きましょう。

人間関係に疲れた時の対処法

bsGreen19_taisyoku20141123133801

人間関係に疲れたときの対処法も考えてみます。

好きな事を思いっきりやる

精神的に疲れたとき、悩み事がある時は趣味や好きな事を思いっきりやると良いです。

例えば体を動かす事が好きなら、主っきりスポーツをして汗を流しましょう。一度、今までの人間関係から距離を置き、好きな事に没頭してみましょう。

自分のストレス発散方を見つける

自分なりのストレス発散法はありますか?

私のストレス発散方は、大きな声を出す(カラオケなど)、運動をすることです。

人によって色んな発散方があると思います。ショッピングであったり、音楽を聴くことであったり。

ストレス発散の方法を見つけ、適度にガス抜きしましょう。

周りと距離を置く

人間関係に疲れたとき、必ずいるはずです。「ストレスの原因になる人物」が。

こういう場合は「いったん距離を置く」ことが大切です。人間関係は距離が近づけば近づくほど、遠慮がなくなります。

相手へ配慮する人間と距離が近づくのは構いませんが、相手への配慮が足りない人間との距離が縮まるとストレスになります。

ストレスになる人間との距離を置いてみましょう。

しっかりと睡眠を取る

睡眠は多くの役割を果たします。ストレスで疲弊したり、悩みがある場合こそしっかりと睡眠を取る必要があります。

しかし、寝付けない場合もあります。そんな時はストレッチや、運動が効果的です。

100%の自分を捨てる

100%の人間はいません。他人からの評価を100%にすることは絶対に無理です。

あなたが100%の人間を演じようとしているのなら、それは無理なんです。

これが分かっていれば、嫌われることもそれほど気にならなくなります。考えすぎる事はストレスになります。

他の人脈を作る

人間関係で悩むのは「特定の人間」と付き合っているからです。

悩んでいるときこそ、他の人脈も作ってみましょう。私の対処法もこれでした。

地域の交流の場や、色々な集まりに参加するのも良いでしょう。そうする事で人間関係に対する免疫も上がります。

1人で考えずに相談する

ストレスを感じている時、人間関係で悩んでいるときは絶対に1人で悩んではいけません。

力になってくれる人物、相談に乗ってくれる人物は必ずいます。

1人で悩む事は、ストレスをさらに上昇させる場合が多いです。考え込まずに、相談する事でストレス発散につながります。

さて、いかがだったでしょうか?今回は人間関係に疲れたときに考える4つの事、そんな場合の対処法を書いてみました。

人間関係のもつれというのは、本当にストレスになります、適度な付き合いと、適度に発散してよりよい人生を送りましょう。

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

新品価格
¥1,620から
(2015/7/27 17:55時点)

こちらの記事もあわせてどうぞ!
便利アイテムまとめ

人間関係に疲れた時に考える4つの事とそんな時の7つの対処法
この記事をお届けした
0822の奇跡の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする